レーシック難民となる前に、まずは自力で視力回復をTOP > レーシック手術について > レーシックのリスク

レーシックのリスクについて

 




レーシックのリスク

術後合併症等のリスクが存在する(詳細は後段)。
日本の場合、現在ではメガネを使用していても一定以内の度数ならばパイロットになれるが、レーシックなどの屈折矯正手術を受けた者はパイロットの受験資格がない。
団体信用生命保険等の保険加入時にリスクのひとつとして取られる為、不利になる場合がある。

合併症

レーシックは角膜を手術するため、患者個人による差異はあるものの、合併症が伴う場合がある。中には深刻な合併症となる場合があり、後遺症として残る場合もある。良い条件の患者に有能かつ経験豊富な医師が手術を施した場合、深刻な合併症の起こる確率は1%未満と言われるが、これでも確率的には決して低いとは言えない。

さらに、深刻でないものを含めれば合併症の起こる確率はもっと高い。手術による合併症で最も多いドライアイは深刻な合併症には当たらないが、American Journal of Ophthalmologyの2006年3月の発表によれば、レーシック後6か月の術後治療期間の後にドライアイに罹患している割合は33.36%である。アメリカ食品医薬品局のウェブサイトによれば、このドライアイは、後遺症として残る場合がある。人工涙液や涙点プラグなどが必要になる例もある。

手術前の屈折異常の度合いにより、術後に、暈(かさ)が見えたり、ものが二重に見えたり、コントラストが低下したり、グレアが現れる場合がある。このため、一律の基準で手術を施すのではなく、個々の患者ごとに状況を判断し、手術を行うことが重要であると言われている。

以下は、その他に報告されているレーシックの合併症の一部である。
術前より矯正視力が低下し、眼鏡やコンタクトレンズ、再手術によっても矯正できないことがある
過剰矯正および矯正不足
視力の変動
ゴースト像
フラップのしわ
フラップの下の塵や腫瘍
フラップの穴
照射のずれによる乱視
角膜拡張
飛蚊症
上皮侵食
後部硝子体剥離
黄斑円孔


【ウィキペディアより引用】


以上を踏まえたうえでレーシック手術を受けたいという方はコチラ ↓

品川近視クリニック







トップページに戻る




眼球運動やトレーニングでもダメだった方でも・・

あなたの視力が「5分後には回復」してしまう
とても簡単な「ある方法」をお伝えしています


急にそんなこと言われても信じられませんよね

それならば、その「ある方法」を実践した方の感想をご覧下さい




視力回復「福辻式」の詳細はコチラ
 

レーシック手術について記事一覧

レーシックとは

レーシックとはレーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。...

レーシックのリスク

レーシックのリスク術後合併症等のリスクが存在する(詳細は後段)。 日本の場合、現在ではメガネを使用していても一定以内の度数ならばパイロットになれるが、レーシックなどの屈...


 
Ads by Sitemix